沖縄 Web デザイン ヨセヤマブログ|OKINAWA WEB DESIGN YOSEYAMABLOG

沖縄で平面デザインとWEBデザインを主に生業にしています。このヨセヤマブログでは私の趣味や仕事でのTipsなどをメモ書きのようにBlogしています。参考にあれば幸いです。

< トラウマ恋愛映画入門|映画評論家、町山智浩氏が薦める恋愛映画 ...  | ザ・レイルウェイ・マン(The Railway Man)|コ ...>

しわ(Arrugas)|養護施設を舞台に「認知症」の老人達を画いたスペイン産アニメ

しわ(Arrugas)

 日本では今年6月22日に公開されたスペイン産アニメ『しわ(Arrugas)』を紹介します。

できれば目をそらせていたい老後の重いテーマを扱ったアニメーション

かつて銀行に勤めていたエミリオは、認知症の症状が見られるようになり、養護老人施設へと預けられる。同室のミゲルは、お金にうるさく抜け目がない。食事の時のテーブルには、面会に来る孫のためにバターや紅茶を貯めている女性アントニアや、アルツハイマーの夫モデストの世話を焼く妻ドローレスらがいる。
 施設には様々な行動をとり、様々な思い出を持つ老人達が、日々の暮らしを送っている。そして重症の老人は2階の部屋へと入れられることがわかる。
 エミリオはある日、モデストと薬を間違えられたことで、自分もアルツハイマーであることに気づいてしまう。ショックで症状が進行したエミリオは2階へ送られる日も遠くない。そんなエミリオのことを思い、ついにミゲルはある行動に出るのだった...(映画『しわ』(原題:Arrugas)公式サイトより抜粋)

 原作は、スペインのイラストレーターとして活躍するパコ・ロカ(Paco Roca)が制作したコミックス。監督は、幼少の頃からテレビで日本のアニメーションに夢中になりアニメーターを志したというイグナシオ・フェレーラス監督。この作品でスペインのアカデミー賞と呼ばれる第26回ゴヤ賞で「最優秀アニメーション賞」「最優秀脚本賞」を受賞する。現在、劇場公開は終了したが、11月6日に『しわ』ブルーレイ・DVDが、発売される。

映画『しわ』予告編 - 三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー

< トラウマ恋愛映画入門|映画評論家、町山智浩氏が薦める恋愛映画 ...  | ザ・レイルウェイ・マン(The Railway Man)|コ ...>