沖縄 Web デザイン ヨセヤマブログ|OKINAWA WEB DESIGN YOSEYAMABLOG

沖縄で平面デザインとWEBデザインを主に生業にしています。このヨセヤマブログでは私の趣味や仕事でのTipsなどをメモ書きのようにBlogしています。参考にあれば幸いです。

< 便利なiPhone5グッズ一覧|あると便利なiPhone5グ ...  | マチェーテ・キルズ(Machete Kills)|マチェーテ ...>

エンダーのゲーム(Ender's Game)|エイリアンからの侵略に備えるため宇宙の戦士として鍛え上げられた子供達の戦いを画いたSF映画

| コメント(0) | トラックバック(0)

エンダーのゲーム(Ender's Game)

 アメリカのSF作家、オースン・スコット・カードの作品「エンダーのゲーム」の映画化。超人的な能力を持つ少年達とエイリアンの戦いを画いたSF作品。

エイリアンと戦う為、鍛え上げられた超人少年達の戦い!

 物語は、人類が異星人バガーの二度に渡る地球への侵攻を抑えた未来の世界。三度目の侵略に備えるため、地球の衛星軌道上にバトル・スクールと呼ばれるスペース・ステーションを設置し、全人類から選ばれた超人的な子供達を対エイリアンへの戦士として養成することを決める。
 この時代、地球では増え過ぎた人工を抑えるため少子化政策がとられていて、一家族で2子までしか子供をもうけられなくなっていた。しかし、ウィッギン家では優秀な長男ピーターと、長女バレンタインに免じ、特別に3人目の出産が許された。その3人目の子こそ、運命の子エンダーだった。
 エンダーは、天才的な才能を見込まれ、司令官の最有力候補としてわずか6歳でバトル・スクールに編入させられる。そこで世界中から集められた優秀な子供たちと異星人バガーとの戦いに備え、厳しい訓練を絶えていく。

 主人公のエンダー役にはマーティン・スコセッシの監督映画「ヒューゴの不思議な発明」で主演を務めた エイサ・バターフィールド。他にはハリソン・フォードヘイリー・ステインフィールドベン・キングズリーヴィオラ・デイヴィスアビゲイル・ブレスリンが出演している。監督には映画「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」のギャヴィン・フッドがメガホンをとる。北米公開は2013年11月1日公開予定。

Ender's Game

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yoseyama.jp/mtmanagement/mt-tb.cgi/1217

コメントする

< 便利なiPhone5グッズ一覧|あると便利なiPhone5グ ...  | マチェーテ・キルズ(Machete Kills)|マチェーテ ...>