沖縄 Web デザイン ヨセヤマブログ|OKINAWA WEB DESIGN YOSEYAMABLOG

沖縄で平面デザインとWEBデザインを主に生業にしています。このヨセヤマブログでは私の趣味や仕事でのTipsなどをメモ書きのようにBlogしています。参考にあれば幸いです。

< 沖縄県恩納村で竜巻の報告|漏斗状の雲の目撃報告  | 作者不明(Anonymous)|偉大な劇作家ウィリアム・シェ ...>

フランケンウィニー(Frankenweenie)|ティム・バートンが監督デビューのきっかけとなった短編作品をディズニー映画として製作中

| コメント(0) | トラックバック(0)

フランケンウィニー(Frankenweenie)

 今やホラー・ファンタジーの巨匠となるティム・バートンが1984年に製作し監督デビューのきっかけとなった短編映画「フランケンウィニー(Frankenweenie)」を今度はディズニーの後ろ盾のもと、リメイクします。

ティム・バートンの原点とも言える作品を改めてリメイク

 アメリカ・カリフォルニアのアナハイムで開催されていたディズニー・ファンクラブの大博覧会「D23エキスポ」の中で、ティム・バートンの新作映画「フランケンウィニー(Frankenweenie)」のタイトルロゴが公開されました。

 「フランケンウィニー(Frankenweenie)」はそもそもティム・バートンがまだアニメーターとしてディズニーに在籍していた1984年頃、自ら原案・監督をし、100万ドルの予算で製作したのが短編映画です。メアリー・シェリーの小説「フランケンシュタイン」と、1930年代に製作されたジェームズ・ホエール監督のユニヴァーサル映画「フランケンシュタインの花嫁」などをモチーフに製作されたティム・バートン監督作品のルーツとも言えるでしょう。

 ティム・バートンとディズニーの関係は、彼がその才能を認められ高校卒業後、ディズニーの奨学金を受け、カリフォルニア芸術大学で3年間アニメーションの勉強し卒業後、ウォルト・ディズニー・スタジオにアニメーション実習生として雇われ、ラルフ・バクシの下でアニメーション映画「指輪物語」「きつねと猟犬」などの製作に携わっていたことなどから、ディズニーはティム・バートンが作り出すアニメーションの原点ともいえるでしょう。

 新作「フランケンウィニー(Frankenweenie)」の情報としては今回表示しているタイトルロゴ以外はっきりとした詳細はわかりませんが、ティム・バートンが得意なストップモーション・アニメになる模様です。参加声優のメンバーとして公開されたリストは、ウィノナ・ライダーマーティン・ショートキャサリン・オハラマーティン・ランドーチャーリー・ターハンアッティクス・シャッファーです。全米公開は来年2012年の10月5日予定です。

 ちゃんとした予告ではありませんが、初作の紹介映像があるので貼付けます。

my own Frankenweenie Trailer

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yoseyama.jp/mtmanagement/mt-tb.cgi/539

コメントする

< 沖縄県恩納村で竜巻の報告|漏斗状の雲の目撃報告  | 作者不明(Anonymous)|偉大な劇作家ウィリアム・シェ ...>