沖縄 Web デザイン ヨセヤマブログ|OKINAWA WEB DESIGN YOSEYAMABLOG

沖縄で平面デザインとWEBデザインを主に生業にしています。このヨセヤマブログでは私の趣味や仕事でのTipsなどをメモ書きのようにBlogしています。参考にあれば幸いです。

< アカデミー賞(2011年度 第83回)各賞受賞一覧  | 「SOURCE CODE」ダンカン・ジョーンズ期待の長編映画 ...>

「エンジェル ウォーズ」セーラー服戦士が想像の世界で大暴れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「300(スリーハンドレッド)」「ウォッチメン」の監督、奇才ザック・スナイダーが放つアクション・ファンタジー映画「エンジェル ウォーズ」。ビジュアルだけ見ると邦画の「片腕マシンガール」、はたまたグロいセーラームーンといった雰囲気でしょうか。奇抜な「精神世界」を描いている内容なのでなんでもあり!なんですね。

日本刀を振り回しマシンガンをぶっぱなすセーラー服戦士

2536.jpg

ストーリー設定がこれまたすごい!
 1950年代アメリカ。精神病院へ送られた主人公の少女が五日後に精神外科手術(ロボトミー)を受ける事となる。しかし同じ精神患者の少女達と精神世界へ飛び込み、人格破壊の危機を回避するための5つのアイテムを集めるアクション・ファンタジー映画。空想の脳内世界ですから日本刀を振り回し、巨大ロボットを操り、マシンガンをぶっぱなすセーラー服戦士となんでもあり。ここまで来るとなんだかほんとすごい設定です。
 主人公のベイビードールを演じるのはオーストラリア出身のエミリー・ブラウニング。新作映画美女と野獣の現代版「Beastly」が話題のヴァネッサ・ハジェンズと同じオーストラリア出身のアビー・コーニッシュが共演します。

 日本では4月15日公開予定です。

Sucker Punch - Official Trailer

Sucker Punch - Official Trailer 2

Sucker Punch - Official Featurette

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yoseyama.jp/mtmanagement/mt-tb.cgi/133

コメントする

< アカデミー賞(2011年度 第83回)各賞受賞一覧  | 「SOURCE CODE」ダンカン・ジョーンズ期待の長編映画 ...>